【自作・アイデア】100均調味料ボトルでRovyvon(ロビーボン)オーロラA5xのディフューザーを作ってみた

2022年06月10日

100円ショップのセリアで購入できる15ml調味料ボトルで、「Rovyvon(ロビーボン) オーロラA5x」のディフューザーを作ってみました!

100均調味料ボトルでRovyvon(ロビーボン)オーロラA5xのディフューザーを作ってみたの動画

YouTubeのチャンネル登録はこちら

テーブルなどに置いてランタンとして使う場合は、Rovyvon(ロビーボン) オーロラA5xのサイドライト機能がめっちゃ便利!ですが…

ランタンポールなどにぶら下げて使う場合は、この「100均調味料ボトル ディフューザー」が役に立ちますよ♪

ロビーボン オーロラA5xのディフューザーの作り方

ボトル編

まず、セリアで購入できる15ml調味料ボトルを用意。

ボトルのキャップ部分をカットします。カットする際、キャップのネジ部分をほんの少し残す感じにしないとディフューザーが緩くなるので注意です。

カットした部分をドリルなどで研磨して整えます。

ディフューザーを収納する際のロビーボンのクリップ部分の切れ込みを入れます。

ロビーボンがキャップ口に入るか確認して、入らなければ削って穴を広げます(キツイくらいが丁度いいです)。

フィルター編

明かりを暖色系にしたいので、ボトルの中に入れるフィルターを作ります。

ボトル底部と側面の型を取り…

切り取ります。底部と側面は切り離さないようにします。

ちなみに、このフィルターはシールタイプになっているので、適当な薄いビニールに貼り付けて切り取る…と言う地味な作業を密かにしています。

切り取れたら、ボトルにピッタリと収まるか確認します(ボトルの口が狭いため、底部は型よりも小さく修正しました)。

手こずりますが…一応、フィルターは取り外し可能です(汗)。

ディフューザーの完成

以上でディフューザーの完成です。お疲れ様でした!

ディフューザーをスライドすれば、コンパクトに収納することもできまっす!

過去に袋タイプのディフューザーも自作しましたが、ボトルタイプの方が光の拡散力が高いです。中に暖色フィルターも入れられるしね!

関連記事

【自作・アイデア】トランギアのクッカーミニハンドル(クッカークリップ)をカスタム改造して機能拡張してみたよ!
【自作・アイデア】水場がないキャンプ地でクッカーを洗う方法(※簡単な炭の処理方法も!)

同じカテゴリーの記事

このブログ記事を書いてる人
とーちん このブログでは、ソロキャンプの様子や自作キャンプ道具の紹介など工夫を愉しむオリジナルキャンプ情報を発信しています。
最新記事
カテゴリー
Copyright (C) とーちんキャンプ. All Rights Reserved.